看護師

治療の内容

病棟

多くの方が行われる在宅医療では世田谷区において多くの高齢者が居住されています。こうしたことから病院で治療を受けるよりも住宅で治療を受けるということを思っている方が多くおられるのです。

詳細を確認する

専門性の高い診察を行う

眼精疲労

循環器科は、心臓や血管の病気を専門に診察と治療を行います。専門とする病気には、心筋症や不整脈などの心臓に関わる病気や高血圧、大動脈瘤などがあります。循環器の病気は生活習慣と大きな関わりがあり、バランスの良い食事や適度な運動などを心がけることが大切です。

詳細を確認する

左胸のチクチクした痛み

看護師

症状の現れ

運動時や寝る前、場合によっては安静時においても、動悸や左胸のチクチクした痛みを感じることがあります。それらはストレスや不安感と密接に関係しており、自律神経失調症の主な症状の一つであるとも言います。例えば心臓病や心筋梗塞に強い恐怖心や不安感を抱いている場合も、動悸や左胸のチクチクした痛みを感じるのだそうです。それらの症状を緩和するためには、副交感神経の働きを高めたり、専門医の治療を受けてエビデンスを掴むことが効果的です。副交感神経の働きが高まれば、リラックス状態を作り出すことが出来ます。そのような状態においては、心身が冷静さを取り戻すのです。また専門医からCTやMRIを取ってもらい、病気の証拠となるものがあるかどうかを確かめるのも、余計な不安を排除する意味で有効です。

自律神経失調を治す

自律神経失調症を治療するためには、ストレスと向き合うことが最も大切です。ストレスが溜まっているうちは、自律神経失調症は治りません。自分を苦しめるものが何であるのか、自覚している人は、それを取り除けば良いのです。自覚していない人は、思考方法や行動、環境などを大きく変えてみる必要があります。少なくとも、アクションを起こさなければ何も変わることがないため、自律神経失調症の治療においては、何かしろの動きが必要となります。生活習慣を整えることも大切ですし、職場環境や対人関係を整える必要もあります。気候も穏やかで空気もキレイな土地に引っ越しても良いでしょうし、人生目標を少し修正してみても良いかもわかりません。

みぞおちの激痛の原因は

微笑み

すい臓は消化液や血糖値を調節するホルモンを分泌している臓器です。すい臓に悪性腫瘍ができるとすい臓がんになりますが、初期には症状がほとんど出ないため早期発見の難しい病気です。アルコールの過剰摂取により慢性すい炎になるとすい臓がんが発症しやすくなります。

詳細を確認する